残業代請求ってなに?請求する前の重要事項

相談

残業代請求とは?

管理職でも残業代は出るのか?残業代が発生するなら、今まで支払われなかったものを請求したいなどの理由で残業代請求を考える方は少なくありません。またこの場合、どのような準備が必要になってくるのか、知ることが大切でしょう。もし本格的に動くなら弁護士といった法のプロに相談すべきです。特に管理職の場合、会社側から残業代は出ないという説明をされますが、そこは諦めないで真っ向から対決すべきでしょう。

残業代請求なら京都のプロにお任せ!

信頼できる弁護士ランキング

天秤
no.1

証拠を徹底的に探る弁護士

残業代請求を行なうには、それなりの証拠が必要です。もしそれすらない状態なら請求するのを諦めるしかありません。しかし、証拠がない絶望的な状況でも、プロの弁護士は知恵を振り絞り、様々な工夫を行なって問題を解決します。こういった弁護士は、どこにいってもダントツの人気でしょう。

no.2

元裁判官のスゴ腕弁護士

残業代請求の場合、相手方に支払いを求めますが本来は、裁判所に請求を認めさせる必要があります。そのため、元裁判官の弁護士はかなり大きな力となるでしょう。裁判官を効果的に説得する他、少ない証拠の中どのように解決させるかなどを元に全力で取り組んでくれます。

no.3

様々なケースに対応できる万能弁護士

弁護士の中には、企業内で活躍する弁護士もいます。この場合、企業内組織の法的課題や紛争をよくみていた立場なので、残業代請求に関してとても強くなります。またその経験から、会社側がどう動くのかを大体予想できるので、正確な見通しを立てることも容易です。

問題解決にかかる時間

残業代請求の問題解決に要する時間は短くて1ヶ月から2ヶ月、長引いた場合は半年から1年はかかるでしょう。正当な権利でも、法的手続きが必要となった場合はそれなりに時間が必要になるようです。

解決までの流れをチェックしよう

弁護士

まずは相談をする

前職で残業代が出ていない、年棒制歩合制でも残業代がほしいといった方は始めに相談が適切です。全ての事務所とはいえませんが、一部は無料で相談ができるので納得いくまで何度も話ができるでしょう。

受任&委任契約をする

その場のアドバイスだけでは解決が難しい場合、一応依頼を受けて委任契約を結びます。これにより、お客さんの代理人として残業代請求を行なうために行動します。

交渉&裁判へ移行

弁護士から説明された内容通りに相手方へ交渉をします。ただ場合によっては裁判の手続きが必要となるでしょう。これも残業代請求を円満解決するための重要な仕事といえます。

弁護士は忙しい

残業代請求もそうですが、弁護士は法に関わるものならなんでも依頼を受けます。代表的なのは、事故、不動産、相続、企業法務、企業再生などです。弁護士は忙しいですが、その分沢山の案件を経験しています。そのため、信頼して依頼できるのです。

[PR]
埼玉で好評な弁護士事務所
専門家が数多く在籍中

[PR]
税理士が多数登録中
条件に合った専門家が簡単に検索できる♪

[PR]
離婚トラブルを弁護士に相談しよう
プロが親身に対応してくれる!

相続手続きを川越ではじめよう